(日本)民進党、蓮の舫の船出

マスコミ、特にテレビは蓮舫さんより小池百合子さんの方が好きみたい。蓮舫さんがお気の毒でタマラナイですねー(嘘泣き)。まぁっ、民選と党選(ウン?)の違いですかねー(お気の毒)。

★蓮舫ってどゆ意味?

先ずはコチラを参照→首相VS蓮舫氏 「人への投資」偏重では危うい 社説 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

如何にも「(第一野党なので)お義理」で書きました、ってな社説だろう(苦笑い)。憲法改正はドーしたー、と云うのが結論ですかネー。

人への投資(ウン?)、恐らくは「人的投資」の事かな。民進党さんは人材がいないので、人への投資を進めたいなー(爆笑)、と云う所信の表明かな?。

いわく「人的資本への投資が経済成長の源泉であるとすれば、それは物的資本の利子率と同等の収益性を持っているのであろうか。(下記の人的資本理論を参照)」尤もな問いですネー。乗数効果等々どころか、その投資の収益性を教えてくださいネー、蓮舫さん。

納税者としての当然の問いだろうと思いますが、如何でしょう?。

画像


コチラも参照→蓮舫さんは中国語で何というのか - 芙蓉峰の如是我聞

なるほどネー。「日中海鮮(ウン?)と云う事になったら、どうされるのでしょうか?」ネー。

コチラを参照→[PDF]人的資本理論

「その人が習得する仕事は,普通の労働の日常の賃金に加えて,彼の全教育費を,少なくともそれと同等の価値ある資本の通常利潤とともに回収するだろう。」(アダムスミス:国富論)

「人への投資」と云えども、競争原理に逆らっちゃ「単なる餅まき」になってしまう(上棟式かー!)。政府(地方も含め)が、(一部)国民を囲い込むような行政サービスを推進するのは「民業圧迫」の側面もあり、いわゆる構造改革に反するんじゃないの。

アンチ自由主義(いわゆる、不自由主義?)を志向していると宣言しているのでしょうね、蓮舫さんは。

★民進党(旧民主党)政権でなくて良かったー!

先ずはコチラを参照→【スクープ最前線】北朝鮮への先制攻撃、中国が容認情報 米軍「斬首作戦」決行か (1-3ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

ホンマカイナー!ってな記事だが、キモは「それにしても、つくづく思う。安倍政権で良かった。もし、安全保障法制廃止を掲げる民進党(旧民主党)が政権を握っていたら、日本は潰れていただろう。」と云うトコロかな(苦い笑い)。

前記事でも述べたが、「第一撃」だけで済むのなら苦労はないが、その後の展開を考えれば「内向き指向」の米国民が賛成する可能性は低い(いかん、マジレスしてしまった)。韓国が全面的に前面に立つというのなら話は別だが、「あのチョンさんが・・・以下自粛。」

画像


コチラを参照→中国経済の減速が最大の脅威 ロゴフ氏インタビュー - BBCニュース

間接的に「IMFは、中国を救うことは出来ない(当然だが)」と云ってるニカ(苦笑)。にしても、中国経済は想像以上に悪化している、と云う事だろうか。

「金融政策は高齢化する経済を若くすることはできない。イノベーションがあまり起きていない経済にイノベーションを起こすことはできない。ゾンビ銀行を抱えた経済を奇跡的に健全にすることもできない。」仰る通りだろう(日本も耳が痛い)。

日本の場合は「ゾンビ政党を抱えた政治を奇跡的に健全にすることもできない。」も加えるべきかな。

ロゴフ氏の「中国は現在、大きな政治的革命のさなかにあり・・・」と云うのは、エコノミストらしい面白い表現だ(苦笑)。氏の云うように「日本も、減速による痛みが感じられるようになる前に自国経済をより安定させる必要」があるかな。

まさかとは思うが「日本が中国を救うべきニカ-」と云うのじゃないでしょうねー、蓮舫さん。

→陸軍士官学校の人間学 戦争で磨かれたリーダーシップ・人材教育・マーケティング (講談社+α新書) 新書。意表を突かれるタイトルだが、アサヒビールの社内革新のお話。意外と云っては失礼だが、面白かった。



"(日本)民進党、蓮の舫の船出" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント