民進党、昭和の遺跡もしくは化石

このクソ熱いのに9月になると「エゾトンボの大群」がお出ましだー。人には解らない時計を持っているのかな?。気温じゃナイのね。「秋の気配がーwww。女子アナさんが気取ってコメント!(含み笑い)。」それにしてもクソ熱い(クソクソ云うなー。御免なさい)。

★国家に赤誠を尽くす。レンホウ・チャン「克也ちゃん、とは違うんですー」

蓮舫さんは恐れ多くも第14代クラリオンガール様なるぞ、1988年の頃である。東京都出身で芳紀まさに十九歳だったそうだ、オジサン遠い目www。

画像


出ました「ゼロ戦 百田尚樹。」大いに吼えるーー!!!www。

コチラを参照→百田尚樹★蓮舫に二重国籍疑惑!民進党は真相を直ちに明確にせよ!蓮舫の正体! #百田尚樹 #高山正|FUNNY NEWS

うーむっ、その元ネタらしき記事は下記で味わって下さい。

コチラでっせ→蓮舫氏は「将来の宰相」として適格か 民進党は“身体検査”すべきではないか 八幡和郎氏 (1-2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

相変わらずの「夕刊フジ」調の記事でした。ちなみに、タブロイド紙の雄であらせらる「日刊ゲンダイ VS 夕刊フジ」だが、ドッチの部数が上なの?。ゲンダイ様の方が「チョットだけよ(0.8%くらい)」で部数が多いそうだ。

珉珉党の国籍条項を云々すればきりがないかな、。あくまでもネットでの話しだが「珉珉党の〇〇人(二桁)はザイ¥ニチだー」と国士様が叫んでいるようですよー。それでも「マンマンが一に『首相』になるかも知れない、党首様」は別腹だー、と云うのが「八幡和郎」氏の御意見だろう。

ご尤もーかな?、知らんけど(苦笑い)。

コチラをご覧ください→『国籍をとった者の義務』~台湾人から日本に帰化した金美齢さんと日本国籍を選んだ子ども達|台湾に深い感謝と恩義を感じる「我愛台湾的日本人」より ~反日・日本蔑視に疲れた嫌中韓朝の皆さんへ~

日本は「いわゆる台湾を国家承認(正式な大使館・領事館がない)」していないので、帰化申請も難しいようです。

他ミンジョクに度々と「国体を侵されている」大陸シナ様なら「なんでもナイサー!」なんだろうが・・・歴史通かー!。一般論として「国家に赤誠を尽く」せー!、と云うのは当然の事だろうかな(極右だー!!!)。「国籍をとった者の義務」を意識して欲しい、と云うのが結論でしょうか。

★出身成分

先ずはコチラを参照→北朝鮮社会を支配する「出身成分」という人権侵害 DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)

ナールホドねー。「社会主義国が『人民は皆平等である』を専らにしている」と云うのは、幻想、時代錯誤、化石もしくは遺物なんでしょうね。旧ソ連や中国がそうでしたものね。

サヨク様の言い訳として「民主主義を経験せずして、社会主義国になった」それらの国は・・・「真の(←ココ重要)社会主義国」じゃないニカ。ってかー。みなさーん、中国って「社会主義国」じゃないそうですよ。爆笑。

早い話が「ミンジョク性」と云う事なんですかね。

★ぬえ(亡霊)と化した民進党

8月30日の読売新聞の論点スペシャル「リベラルとは何か」が面白かった。ネット版では「有料記事」なので引用は控えるが、ザックリと論旨だけをご紹介。

論者は「佐伯啓思さんと井上達夫さん」だ。9月におこなわれるだろう(多分、笑い)民進党の代表選に突っ込んで差し上げよう、ってな主旨の記事だ。

ザックリ云って「日本に本来の意味での『リベラリズム』は無っシングー」だったと言う事らしい。旧ソ連が崩壊する以前の「革新・左翼」が名札を張り替えて「護憲リベラル」を自称しただけらしい。

国家目標を提示できない、それどころか「国家アレルギー」と云う宿痾を持っている「自称リベラル」には、二大政党政治の一端を担う資格はない。と云う事らしい。ひたすら「安倍ガー」と叫ぶ事により「対保守のイメージを装って」いるだけだ。

9月2日の「竹森俊平の世界潮流」という特集でも、いわく「反自民の受け皿」と云うだけのポピュリズム政党、それが(日本の)民主党だった。そんな「(メディアが作り出した)ポピュリズム政党ブーム」に懲り懲りしているのが、今の日本国民の本音だろう。

竹森俊平いわく「政策プログラムを欠いた政党に政治を任せれば、政治的混乱が国民生活に跳ね返るのが明かだ。」

政策プログラムはまた「世界トップレベルの環境で次代のリーダーを育てる」目論見でもある。今の民進党にそのような環境がおありなんでしょうか?。どうですか?「党員もしくはサポーター」の皆様。

コチラを参照→民進代表選 蓮舫氏に聞く 私はバリバリの保守 政権交代まだ言えぬ (産経新聞) - Yahoo!ニュース

アレまぁー、ご苦労様です。「宮沢りえさんが離婚」と云うニュースの方に興味津々かな(苦笑い)。にしても、相変わらずの「人への投資」ですね。

例えれば「空母や戦車より、教育や訓練に費用を投入」しろー!、と云う事だろう。言うなれば「大部隊に頼らない、ゲリラ部隊(産別労組)を使った竹槍的遊撃戦法」と云う事で「チェ・ゲバラとカストロのキューバ革命」かな。頑張って頂戴(失笑)。

→リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門 単行本


→「アメリカニズム」の終焉 (中公文庫) 文庫

「アメリカニズム」の終焉 (中公文庫)
中央公論新社
2014-10-23
佐伯 啓思
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「アメリカニズム」の終焉 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"民進党、昭和の遺跡もしくは化石" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント