シナに仁義なぞあろう筈もなし

「なめられたら、プー屋は仕舞いで、あやつけられたら、かましちゃれ。」「死んだもんにすまんけんのう。」「おやじさん、あんたは、わしらが担いでる神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるいうんなら、歩いてみないや、  のう!。」

★そがな昔のこと誰が知るかい。

「もうわしらの時代は終いで。口が肥えてきちょって、こう寒さが堪えるようになってはのぅ。」なーんてな事を何処ぞの長老様が喋ってたりして・・・。

コチラを参照→仁義なき戦い 名セリフ プレイバック & 番外篇 - やくざ映画に学べ!ビジネス、そして人生

オバかな説教を聞くよりも、「(昔の東映)やくざ映画」のほうが「よっぽど勉強になる」かな、しらんけど(苦笑)。

さらにコチラを参照→原作と脚本 仁義なき戦いビギナーズ

なるほどーネーと云うトコロだろうか、70年代の「週刊サンケイ」に連載されていたんですね。

画像


★元日活の「小百合」老姐さんがー

先ずはコチラを参照→吉永小百合が「戦争反対を言えない空気」に危機感を表明し「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言|ニフティニュース

アレまぁー、小百合老姐さん頑張ってますねー。憲法9条ってーのは、以下の事だろうかな。

「第9条 鉱物資源、水域、森林、山地、草原、未墾地及び砂州その他の天然資源は、すべて国家の所有、すなわち全人民の所有に属する。(中華人民共和国憲法)。」シナ海も「全人民の所有に属する。」うんでしょうな。

農村戸籍って聞こえが良いが、中国共産党から土地を借りている「小作農」に過ぎない。僅かなカネで小作権を取り上げられて、仕方なく都会に出稼ぎする。それが「中華バブル」の正体だ。

「百姓から田畑を取り上げたら、飯食えんような身体になってしまいますけん。」

人権がー、と云うなら「中共ヤクザ」を壊滅させ、人民をして「9条のくびき」から解放してみろやー!。「(毛沢東にコロされた)死んだもんにすまんけんのう。」

コチラを参照→視点・論点 「中国 格差を生む都市と農村」 視点・論点 NHK 解説委員室 解説アーカイブス

小手先では絶対に可決しない。社会主義を止めるしかないニカ。

「吉永小百合が『土地の全面私有制反対を言えない空気』に危機感を表明し『憲法9条は絶対に変えさせない』と戦闘宣言。」という記事なんでしょうな、キッと。失笑。

画像


最後にコチラを参照→コラム:最強を誇った英国海軍「凋落」の教訓 ロイター

他山の石ですネー(詩経の鶴鳴篇より)。「恒産なくして恒心なし(孟子の梁上編より)」と云うトコロでしょうか。

→「仁義なき戦い」調査・取材録集成 Kindle版
「仁義なき戦い」調査・取材録集成
太田出版
2015-04-13
笠原 和夫
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「仁義なき戦い」調査・取材録集成 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→仁義なき戦い〈決戦篇〉 美能幸三の手記より<仁義なき戦い> (角川文庫) Kindle版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仁義なき戦い〈決戦篇〉 美能幸三の手記より<仁義なき戦い> (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"シナに仁義なぞあろう筈もなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント