稲田朋美、先陣を仰せ付けられる

「あるいは相当の苦戦となる事態も予想せねばならん。」「この稲田朋美、先陣を仰せつけられますれば、力のあらん限り敵の奴ばら蹴散らして・・・。」ってなところかな(微笑)。敵って誰?、「知れたことじゃぁー!」かな。笑う。

★短絡したがる人々

先ずはコチラを参照→公船が領海侵入、中国大使を呼び抗議…外務次官 政治 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

アレまぁー、バカじゃないの!。リオ五倫だし、広島原爆忌だし、日本のマスコミは大忙しだ。其れか有らぬか、報道の扱いは小さめだ。日本で騒いでくれないと「張り合いがないんじゃナイノー?。」知らんけど。だとすると、何故Youは?。

画像


8月7日読売朝刊では「尖閣周辺に漁船23隻」ってな見出しで、いわく「公船周辺にて、約230隻の漁船が操業しており・・・」と報じている。早い話が「お魚さんなどを一網打尽」してるんですね。

なんと、8月8日には「中国公船が13隻、漁船は約400隻」だー!と報道。アレまぁー。

コチラも参照→コラム071 海上自衛隊幹部学校

専門家はこう見てるんですねー。中国海軍別動部隊として自由に活動しているんですねー。「中華の漁協様から『まいない』をば貰って」警備している(他国の領海だと思っているから)ウンですねー。公務員が袖の下を貰うのは「常識ニカ!」ってかー!。印象操作すなー(ゴメンネー、爆笑)。

当該海面の「魚種及び資源量調査」の主務官庁は「農林水産省(山本有二 大臣)」だ。長期にわたり漁獲をおこなっていないので「お魚さんがイッパイいる」のだろうと推察される。ココは資源調査するのが「当然かな。」何せ、我が日本のEEZなんだからー。

★護国神社

先ずはコチラを参照→第3次安倍再改造内閣、「極右」「妄言製造機」起用で強まる右派色-Chosun online 朝鮮日報

おぉー、褒めまくってますねー(失笑)。特に稲田朋美大臣が「靖国にいくニカ?」ってのが関心事らしいですねー。米国務省のトナー副報道官も3日の記者会見にて「(稲田大臣の)靖国参拝」を牽制したそうだ。有り難いですねー(苦笑)。

コチラを参照→全國護國神社會とは - 全国護国神社会、靖国神社が紐帯、巡拝や御朱印収集巡りも人気 - 神社と古事記

「現在では、御朱印巡りや巡拝などが盛んで、関連のガイドブックも出ている。通常、すべての神社で御朱印が頂け、また、神社によってはオリジナルの御朱印帳を用意しているケースがあり、人気があるものもある。」よろしくお願いいたします、かな。

興味深いのは「沖縄県 沖縄県護国神社」だろうか。その由緒は以下にて参照下さい。

コチラを参照→沖縄県護国神社の由緒|初詣、ご祈願、地鎮祭は、沖縄県護国神社

黙読下さい。ありがたい話ですね。「昭和三十四年四月に靖國神社から御霊代を奉移し、靖國神社池田権宮司外四名の神職奉仕のもと、厳粛盛大な祭典が斎行された。」

不勉強で「奉遷」との違いは分からないが、未曾有の災害の場合は「御霊代を奉移し」との表現をするらしい。

コチラも参照→札幌に建立の上富良野関係の碑『沖縄戦戦没者慰霊碑』

ウム。立派な記録ですね。

当初はコチラにあったんですねー→沖縄戦英霊祈念の碑

後に中島公園の方に移されました。慰霊碑なので「奉遷とか奉移」とかは表現しません。

今はコチラの方にあります→「沖縄戦戦没者慰霊碑」。 札幌の石碑

「沖縄住民を除く日本人戦没者七万七千人のうち、都道府県別では、北海道出身将兵が一万八百人と最も多かった。」

御霊は靖国神社と「沖縄護国神社」にあるんですね。「御霊代(みたましろ)は、故人の御霊が宿る依代(よりしろ)で、最も神聖なものです。」

コチラを参照→第24師団 第22連隊の最期の地 - 沖縄県在住の歴史好き! - Yahoo!ブログ

★黙読して下さい

コチラを参照→習近平はなぜ「天皇会見」にこだわったのか  WEDGE Infinity(ウェッジ)

「この裏にどんな『取引』があったかは明らかではないが、接近を続ける民主党と中国共産党の関係はルールや常識を超えて親密度を増していることだけは確かなようである。」

時事通信の城山英巳(シロヤマ・ヒデミ)氏をもってしても、この「政治利用の闇」は分からないんですネー。

さらにコチラも参照→習近平・中華人民共和国副主席の天皇陛下との会見について 石破茂(いしばしげる)ブログ

★告知

今週と来週の月曜日は更新を休みます。ご了解下さい。次回の更新は「8月19日」を予定しています。

→全国護国神社巡拝ガイドブック~ご朱印めぐりの旅~ 単行本(ソフトカバー)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 全国護国神社巡拝ガイドブック~ご朱印めぐりの旅~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"稲田朋美、先陣を仰せ付けられる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント