本改憲(ウン?)に向けた機運醸成を図りつつ

最近のネット世論において、「人民民主党」対「ジャパニズム党」ってな傾向が顕著になってきたようだ(個人の感想だが)。護るも攻めるも♪ってなところだろうか、知らんけど。

★いわゆる左翼(人民民主党)

麻生副総理兼財務大臣は26日、東京都内で開かれた自民党議員の会合で、衆議院選挙で自民党が圧勝したことについて「いわゆる『左翼』という勢力が2割を切ったのは、始まって以来のことが起きたというふうな感じがしている。明らかに北朝鮮のおかげもあるだろう」などと述べました。

爆笑しちゃいやよー。流石は「麻生副総理」皮肉タップリですねー。

当然ながら何処かの政党(人民民主党か?)が「遺憾ニダー」と吼えたそうな。(自国のかな?)国会で追及するニダー。コウアン様におかれては努々ご油断召されるなー(余計な心配かな)。

★人心一新

ロック・ウエーブ的辞書(工事園?)の意味では「人民の心を改にすること」ってな意味らしい(笑)。

コチラを参照→■人心一新 ≪ 軍事英語.com

英語の「パージング・オールド・フォックス」ってグーな翻訳ですねー(苦笑)。

麻生副総理の真意「古狐が残った(パージング出来なかった)のは、日本国民の所為ではない、ましてや自民党の所為でもない・・・。」

画像


一体「何方様の所為なんでしょうか?。」

★気分一新

素人訳で恐縮だが「Feeling change」かな?。

コチラを参照→■「憲法9条は一個の空文に過ぎない」共産党 元議長 野坂参三 福ちゃん通信 - 楽天ブログ

公明党の地方組織さんですネーと云うトコロだろうか。頑張ってますね、皮肉タップリに「野坂参三の空文論」を引用するあたりグーですネー。

そのあたりのプチ詳細はコチラを参照→■【書評】元共産党政策委員長・筆坂秀世が読む『いちばんよくわかる! 憲法第9条』西修著(1-2ページ) - 産経ニュース

曰く「94年7月の第20回党大会までは、第9条の改正を公然と掲げていたのだ。」えぇーッ、ホンマカイナ(苦笑)。

ザックリ云えば「第2章と第9条」とか云う記号が大事だと思っているので、ソレ(ブロマイドかな?)を抱きしめてシコシコしているのだ(下品ネー)、空疎な中身なぞ「どうでも良いのだ。」所詮はアイドルの写真(うつせみ)ですネーと云うトコロだろうか。

「第2章と第9条」とか云う記号は残してあげて、中身は「環境権」の条文に変えては如何ですか、公明党さん。「わぁー、嬉しー。9条を残してくれたー。」爆笑しちゃいやよー。

コチラを参照→■9条とリベラリズムの死 - 山猫日記

ウムッ!、「人民民主党」が霧散霧消するんですネー。建前だけなら「中共だって、デモクラティック・パーティー」ですものねー(爆笑)。問題は「彼等が思い描く『人民』ってどこに存在」するノー、ってなところだろうか。

山猫さんだけでは不公平(ウン?)なので「篠田英朗」さんのブログも引用させてネー。

コチラも参照→■枝野幸男氏が「30年前の宏池会」の継承者とは言えない 「平和構築」を専門にする国際政治学者

なるほどネー。枝野幸男氏も政治家(一応は)なのでメディア様の喉を撫でる術は知っているだろうが、党内・外(支援団体)の統率力(説き伏せる能力)には疑問符が付くー、ってなところだろうか。

コチラを参照→■「安倍9条改憲」はここが危険だ(前編) - 松本一弥|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト

正に「爆笑しちゃいやよー。」だろうか。馬鹿馬鹿しいほどに冗長なので「ニャナナメ」にお読み下さい(苦笑)。

ザックリ云うと「中国共産党風の、空想上の『核心』みたいなモノが存在」していて、それに対して「反革命、クーデター」しようとしているニカ。安倍ガー!。ってな妄想なのだ。

コチラも参照→■若者の「自民党支持増」はなぜか。左派系メディアにかわって教えよう(髙橋 洋一) 現代ビジネス 講談社(1-4)

高橋洋一さんですねー。講談社様も「主要メディア」に対する時には舌鋒が鋭くなる(微笑)。

「憲法改正」に際して「条文の絞り込み→発議」も勿論大切だが、本改憲(ウン?)に向けた機運醸成も並行して行う必要があるだろうか。「国民の気分を一新」し「自立を阻んでいる、デフレってるムード」を変化させるコトが必要だー!、次世代の為に「今こそ決断の時ゾー」ってな事かな。

画像


日本国憲法第96条
「(略)憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」

→徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 Kindle版。いわゆる「マトメ本」の類いだが、その構成テクニックは非常に参考になる。

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪
飛鳥新社
2017-10-27
小川榮太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック