七人の侍がいた時代、定期更新を週一にします

「午前十時の映画祭7」とやらで、黒澤映画の「七人の侍」を見にいてきた。ご隠居さん世代が多かったが、中年(お前モナー)に混じってヤングカップルも来ていたのには驚いた。

★洒落たタイトルが思い浮かばない

今まで「週2」で定期更新していたが、寄る年波(笑)、還暦に足がとどく(ウン?)年齢になると根性が届かなくなってくるようだ(お前だけだー!)。ノルマ大好き世代なので、定期更新しないとモチベーションを保てないのだ(再びのお前だけだー!)。

ってなわけで毎週「水曜日」に更新するぞー(と。自らを奮い立たせる)。

重大事、例えば「朴槿恵さんが辞職するとか、蓮舫さんがテレビレポーター(国籍を問わないテレ朝かTBSかな)に復帰するとか」の時に適宜更新するかなー、と思う。ってなことで「今後とも」宜しくお願いします。

画像


★昭和29年の七人の侍

1954年の初公開なんだそうだ。ゴジラとかローマの休日も公開された年だそうだ。

コチラを参照→ローマの休日 コレクション Ⅳ.映画雑誌 (日本)

早い話が「洋モノ全盛」のころでありました。「映画と演劇3月号」の表紙って「津島恵子」さん?、七人の侍にご出演だー。どんな世相かなーと云う事で下の記事をご覧ください。

コチラも参照→戦後昭和史 - 1954年・昭和29年の出来事

なるほどーネーと云うトコロだろうか。黙読。映画雑誌が30圓の頃だったそうだ。ショートピース(10本入り)が45圓だったそうですよー。

コチラを参照→映画に学ぶ

ウム!。法律家にも真っ当な方がおられるんですねー(個人の見解です)。大学の学園祭でも上映されたんですね。津島恵子さんのことは下記で・・・。

コチラも参照→津島恵子(つしまけいこ)「七人の侍」(1954)・・・① 夜ごとの美女

昭和27年時点で原節子や高峰三枝子、京マチ子をおさえて第一位だったんですね。何と言うか、今観ても素晴らしい、肉付きがー・・・。島崎雪子さんのページもご覧ください。

→七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション] 。例によってカスタマーレビューが面白いですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック