「残念でした」なニュース、上から目線でいじってみる

「鹿を逐う者は山を見みず。」 淮南子(えなんじ)の説林訓だそうだ。「目先の利益を追うことに夢中になっている者は、大局を見失いやすい」ってな意味だそうですよ。お前ごときが云うなー!。

★大山鳴動鼠一匹

「山々が産気づいたー、っと思ったら滑稽な鼠が一匹産まれただけだった」とも云うそうですよ。

コチラを参照→柱の傾き強調、フジ「誤解招いた」…豊洲番組で 社会 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

(日本の)仮枠大工さんに謝れーwww。キッと、母国の大工さんは「斜めに仮枠を建て込む」名人なんでしょうね(爆笑)、トランシットは日本製を使いましょー。

コチラも参照→韓国、取締船沈没で中国に抗議 漁船の衝突「故意」 - 産経ニュース

あれまー!、お気の毒でー。例の「瀋陽軍区」の反動分子でしょうかなぁー(恐ろしいですねー、失笑)。韓流の「鮮やかな操船技術」でかわせなかったんでしょうか?(影の声、無理だろー)。

コチラを参照→【野口裕之の軍事情勢】反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!(1-5ページ) - 産経ニュース

おぁー(ウン?)。「泣く子も黙る」中華の関東軍ですネー。「満州帝国の建設」を目指しているのでしょう、きっと!。以外とプーチンさんあたりが応援してたりして(冗談ですよー)、「ダーリニー(大連)やポルト=アルトゥール(旅順港)」を奪還するぞー!。

★(旧)沿海州のイメージ

マスコミ様の習性上(商売だから)において「鹿を逐う者は山を見みず。」になるのは仕方がないことだ。だからこそ、いわゆる識者がシッカリしなくちゃねー(上から目線でゴメンネー)。

コチラを参照→【単独インタ】2島先行返還も排除せず交渉(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

時事通信も「国後、択捉両島は将来の課題として先送りする」ってな具合に煽っているようだ。

それでも一応は、「複数の政府関係者によると、国後、択捉両島は当面、両国政府の共同管理とし、協力して開発や経済振興に取り組む案などが検討されている。」どっかで聞いたことのある表現だ、帝政ロシアと清帝国との条約か?。

画像


コチラを参照→[PDF]「ロシア」の範囲: 帝政期サハリンにおける「想像のロシア化」1

ちーとばかり難解だが「国家には、『実体』として存在する側面に加え、『想像の共同体』として成り立つ側面がある。」んだそうだ。ザックリ云えば、「極東を巡る歴史は、欧米-ロシア-日本/中国と云う視点」で見なさい、と云う事かな。

アイヌに言及している部分もあるが、コチラの年表等を参考にして下さい。

コチラも参照→-06_002-アイヌ文化講座(平成13年)

中国様が昔に「アムール・サハリンを支配」していたというのはホラじゃなかったのネー。にしても、アイヌを抜きに「北方領土」を語れません、ようで。

画像


コチラを参照→創業の地・樺太|富士メガネの歩み|富士メガネ

黙読ですねー。「豊原神社」って立派だったんですねー(ソッチカイ!)。「官幣大社樺太神社」もあったんですねー。

コチラも参照→樺太の名所

関東州に負けてないですね(前記事を参照)。豊原町って大連に勝ってる?(個人の感想です)。

さらにコチラも参照→樺太の鉄道

稚内市長さんも感涙かな、知らんけど。千島列島も結構だが、樺太(サハリン)にも目を向けて欲しいネー、マスコミさん。

→別冊正論25号「樺太-カラフト」を知る (日工ムック) ムック
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別冊正論25号「樺太-カラフト」を知る (日工ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→絵で見る樺太史―昭和まで実在した島民40万の奥北海道 (JPS出版局) 単行本



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック