同日選は見送り、民進党がいうのだから間違いない

週刊ポストに言わせると「読売が報じたら揃って納得で 〇」なんだそうだ(笑い)。そのポスト様は「やっぱりやる気だ、この男。卓袱台返しの衆参ダブル!?」だそうだ。一国の総理を「この男」呼ばわりするのはどうしたものかは「返り咲きの飯田昌宏君。」苦笑い。

★同日選は見送りだー

サミット前の5月25日読売朝刊に「同日選見送りの公算、首相、消費増税延期へ」ってな記事が出た。これは「〇」だろうかな。

同じ日に「民進、消費増税の2年再延期法案を衆院に提出」ってなニュースが流れたよー。こりゃー同日選は無っシングーだな、返り咲きの飯田昌宏君涙目かな。何でこのタイミングで議員立法!ってなぐあいで、ネットでも叩かれてはいたが。

Cさんの「本気です!戦争法廃止!」がダメになっちゃたのだ、同日選見送りで。一億万歩譲って、戦争法廃止勢力様が参院で過半数を取ったとしても、参院に戦争法廃止法案(議員立法)を提出しても、衆議院で否決されてはネー。アホクサ。

だもんで、代わりの争点(名分)に「消費増税延期」を吼えたんだろう、安倍ガーに先んじて。

さらに先んじて、読売が「同日選見送りの公算、首相、消費増税延期へ」ってな記事を出したのだ。意味は「民進党が、万年野党宣言」を出しましたー、と言いたいのだろう、読売さんは。

コチラを参照→民進 消費税率引き上げ延期の法案を提出 NHKニュース

平成31(2019)年4月までですか!?、衆議院議員の任期満了日は平成30(2018)年12月13日だから計算が合わないですね。算数に弱いのかな(爆笑)。安倍総理や習近平閣下、朴槿恵閣下の任期(2018年)とも合わないしねー。矢っ張り、カバの反対なのかな。

あっそうか!、民進党の新代表の任期か(今年の9月に選出で3年の任期)。何処まで行っても、テメーの都合なんだね(哀れの極み)。

リフレ派なコチラを参照→補正予算なんかじゃ消えない消費増税の「逆効果」

こう言う考えもあると云う事で、関連記事も参照下さい。

★戦費はどうするの?

戦争法案デチューって吼えても、地球の裏側にゆく戦費はどうするの?。ってな話しだろう。

コチラを参照→メルケル首相 日本にNATO加盟を提案

ネットで話題になったネタなので覚えておいでの方も多いだろう。ザックリ言って、「兆の付く戦費の調達をEUでおこなっては如何?(皮肉タップリ)」ってな話しだろう。湾岸戦争での「いわゆる拠出金」で苦労したからね。

コチラを参照→湾岸戦争と日本の拠出金

「 当時、ドイツのゲンシャー外相はこれを発見し、まだ戦争も終わらぬうちにワシントンに乗り込み、ホワイトハウスと国務省 に対して数字の説明を求めて、追加支払いを拒否した経緯がある由だ。これはアメリカの主要紙すべてが伝えた。」

コチラも参照→戦争と経済の真実-戦争にはどのくらいの経費がかかるのか? The Capital Tribune Japan

なるほどーネーと云うトコロだろうか。それにしても、近隣諸国的国民性で表現すると「戦争即ち銭だー」というところだろうか。日本人は奥ゆかしいので「ソコまでどぎつく」は言わないが。

★財産税は消費税の代わりにならない

民進党様の「消費増税延期法案」に絡んで、日本強酸党の党員と思しき人達が「なぜ?、廃止」と言わないのかー!と吼えていた。爆笑。左寄リスト様のミンジョク性として「予算とは即ち歳出なり」と云う性向が存在するのねー。歳入無視だー!。

消費税には「国籍条項」がなく、「思想信条によるシャベツ(hate)」もなく、極めて公平な税制だ。何故に、彼等は嫌うんでしょう金。

その替わりに「資産課税だー」と叫んでいるようだ。日本語が不自由か、歴史を捏造してるんでしょうな。

コチラを参照→財産税 - 富裕税 - ゼロから始める富裕層への道

なるほどーネーと云うトコロだろうか。日本強酸党ごときに言われなくとも、財務省様もご検討らしいですよー、命が惜しいので(苦笑)引用は無しだが、興味のある方は「佐々木メモ 財産税」で検索して下さい。

資産課税、「相続税や固定資産税、贈与税、自動車税」などの詳細は下記で。

コチラも参照→資産課税等の意義.pdf

ドイツでも「財産税」を廃止したみたいだし、日本強酸党や左寄リスト様は、財産税(富裕税)は基本的には一時的な増税策だと言う事を理解すべきだろう。つまりは、安定的な税制度ではないと云う事だ。おあいにく様。

★独英は構造改革と財政規律がお好きかな

ドイツのショイブレ財務相が5月26日にベルリンで語ったそうだ、いわく「公共投資は豪華なパーティーさながらで、宴が終われば負債が増えただけだと悟るだろう。」頑固だね(苦笑)。

コチラを参照→RIETI - 第13回「ドイツ経済を支える強い中小企業『ミッテルシュタンド(Mittelstand)』」

つまりは「ドイツの中小企業はBRICSとの取引で飯を食っている」ということだが、そのBRICSがダメになっても「EUがあるさ」と云う判断なんだろうか。

コチラも参照→■ドイツが英国のEU残留を切望するワケ グローバルアイ 東洋経済オンライン 経済ニュースの新基準

ザックリ言うと、EU内の地位が相対的に低下するーと云う事かな。発想がEUの中だけにとどまっている、と云う事だろうか。

画像


「EU加盟の是非を問う国民投票が、6月23日に控えている」英国だが、相当程度に病んでいるようだ。

コチラを参照→財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ ワールド 最新記事 ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本の一部マスコミは「弱者、格差」と連呼するが、かっての福祉国家の英国の現状は凄まじいのだ。因みに、英国の消費税は20%ですが、何か?。

コチラを参照→日本を再びデフレに陥れる「円高シンドローム」を警戒せよ!  安達誠司「講座:ビジネスに役立つ世界経済」 現代ビジネス [講談社]

トレンドは円安だが、アメリカの政治状況というリスクが存在する。勝負所は、オバマの任期が切れる2017年1月20日(東部時間)正午以降と云う事かな。

→日&米堅調 EU&中国消滅: 世界はこう動く国際篇 単行本。相変わらずな慶太郎節だが、今回(失礼ネー)は冴え渡っているようだ。
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日&米堅調 EU&中国消滅: 世界はこう動く国際篇 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→未来からの警告! 2017年 超恐慌時代の幕が開く 単行本(ソフトカバー)。なかなかの説得力だろうと思う。しかも解りやすい(入門者向けか?)。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 未来からの警告!  2017年 超恐慌時代の幕が開く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック