便詰まるとサヨリスト(ウン?)

六年に一度の参院交代、有権者からすると三年に一度の参院交代だー。これは「日本国憲法第46条」によるものだ、頭が高ーい日本国憲法なるぞー。「参院交代は戦だ!(ウン?、土曜時代劇「一路」の宣伝カー)。」

★残便感(残糞感?)

ヒョッとすると糞と云うのはファイティングワード、若しくは広義のヘイトスピーチにあたるかな、知らんけど。

コチラを参照→犬が自分の糞を食べてしまった。なぜそんな汚いものを食べるの? 犬の気持ちが分かる30のしぐさ HappyLifeStyle

政治・政局もしくは外交の話しではないですよー。

コチラも参照→糞詰まりなのに便が漏れる?!|みのり先生の診療室

だからー、政局・外交の話しじゃないってばー。それにしても「戦」が近くなると変な人がイッパイ湧いてきますねー(お前だろー!、スイマセン)。

画像


★黒田がー!

官兵衛じゃないですよ、日銀総裁の黒田さんだよ。

ってなわけでコチラを参照→デフレの本当の正体・黒田日銀が2%達成できない訳 ? アゴラ 言論プラットフォーム

微笑。何が言いたいのか良く解らない、痛い論調ですね(お前が言うなー!)。それにしても、真面目で紳士なコメントがいいですね、サスガー。

早い話が、「労働と賃金、物価と家計」の事を論じたいのだろうが、プチ論文で飯を食っているのなら「総務省統計局」あたりのデータを参照して論じて欲しい気もするが。「日本国総務省のデータなぞ信用できないニカ」と云うのなら、「何をか言わんや」かな?。

コチラで参照ください→統計局ホームページ

因みに、労働・賃金では「男女年齢別経済活動人口比率、男女別就業者数、産業別就業者数、職業別就業者数、男女別失業者数及び失業率、男女別週当たり実労働時間」を検討して「男女別平均賃金、労働生産性、労働災害率、労働争議」

物価・家計では「生産者物価指数、消費者物価指数、主要食品の小売価格、国際商品価格指数・主要商品価格」をチェックした後に「家計の支出、家計の収入」を検討するのだ。

「里芋とパートタイマーの賃金」を盛って吼えられてモナー(苦笑)。それにしても「戦」が近くなると変な人がイッパイ湧いてきますねー(お前だろー!、スイマセン)。

★消費活動指数

コチラを参照→日銀、個人消費の新指標 家計調査より正確に把握へ:日本経済新聞

「消費活動指数は、財とサービスに関する各種の販売・供給統計を基礎統計としている」と云う事ですね。日経風に云えば「供給側の統計のみ(←ココが重要かな、苦笑い)」を使っているあるよー、かな。

日経の記事は寿命(ウン?)が短いので、日銀の広報記事も参照して下さい。

コチラも参照→消費活動指数 :日本銀行 Bank of Japan

詳細は「日本銀行調査論文」や「分析データ」などを参照下さい。ウーン、難解。

ザックリ云うと、「総務省が毎月発表している『家計調査』は、サンプル数が少ないため毎月の振れ幅が大きく、専門家から『最近は実態に比べて消費が弱く出る』と指摘されることが多い」から、開発しました。と云う事だろうか。

千代田の連中は当てにならない、「日本橋を護るぞー」と云う事でしょうか。微苦笑。

悪い意味での「〇〇 first principles」はダメあるにか。〇〇が「ChinaとかKorea」を指しているわけではありませんよー。

★1966年5月16日の「五一六通知」

先ずはコチラを参照→www.fnn-news.com 中国で「文化大革命」...

ひえー!フジテレビさんったら随分と思い切った報道をしますね。ホンマモンの記者は鼻がよくなければ勤まらないらしいですよ。現場に流れる臭気を感じ取ったんでしょうね。

コチラを参照→【産経抄】50年前に毛沢東が押した2つのスイッチ 5月16日(1-2ページ) - 産経ニュース

なるほどーネーと云うトコロだろうか。文化大革命が始まったのは「1966年5月16日の『五一六通知』から」というわけですね。

富士さん系グループ(ウン?)だけじゃ瀋陽ナラン(ウン?)と云う方は下記で・・・。

コチラも参照→文革50年、語られぬ「人肉宴席」 中国 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

強烈ですね、写真は穏当だけど。サヨリスト(左寄りスト、造語)、特に若い方は目をシッカリ開けて読んで欲しい。毎日新聞も文革に言及しているが「人道的立場」を崩そうとはしていない。

朝日新聞なぞ論外だが、それでも「中国の経済指標が悪化 投資鈍化、生産頭打ち、中国の景気は楽観を許さない状況が続いている。」ってな具合に報じていますよ。

最期にコチラを参照→中国経済「減速」を日本経済の経験から読み解く 成長移行の道筋に乗る一方、将来的にバブル不安もありうる WEDGE Infinity(ウェッジ)

高橋洋一かーと云うなかれ、講談社様が云うのだから間違いない(笑うとこじゃないですよ)。5月15日付けの「中国経済『でたらめな数字』の正しい読み方を教えよう」も参照下さい。

→一路(上) (中公文庫) 文庫。なぜ?今、一路なんでしょうか、NHKKさんったら。御家が第一か御身が大切か、そこが悩みどころですね。江戸時代に擬して、日本のサラリーマンの哀感を描いた傑作小説だろう。上巻だけでも楽しめます。

一路(上) (中公文庫)
中央公論新社
2015-04-23
浅田 次郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一路(上) (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック