ダーティー・アイドルを探せ、メディアは造物主か?

もろもろ朴って御免なさいー。いわゆるメディア様の本質は「壱神教」なんだなーと思う今日この頃。相変わらず副編は「ダーティー・アイドルを探せー!」と檄を怒罵している(ウン?)んでしょか、どうですかー?ソコの記者さん。

★キヨハラ被告の弁当事案

先ずは事案の基本認識をば→清原被告“親友”から報道陣へ焼き肉弁当差し入れ - 野球 日刊スポーツ

朝も早から千葉県松戸市の病院に張り付いているマスコミさんにチョットした事案が発生。商法に云う「一方的商行為」をなしていると云う事ですね。そんなもんで、事実として「弁当を収受」しちゃったのネー。貰っちゃったのよ、やややんやん!。

そんなことでコチラを参照→清原の(?)ウマイ弁当を食べた記者はマズイ ? アゴラ 言論プラットフォーム

世間の常識として「知らない人からの贈り物や身に覚えのない筋からの高額な振り込みには、注意したいところです」という部分はその通りだろう。でも、収受したのは「ヒョッとして収賄」かな。

記者様の一部に「病院に責任転嫁」する向きもあったらしいですとーさ。その幼稚さに爆笑。堅気の衆にご迷惑をおかけしておいて、「(マスゴミ様の思い込みだが)もう一方の当事者を引っ張り込もうという感覚」は正にトンスラーそのものだろう。

コチラを参照→騒然、清原被告の入院病院 周辺住民が驚きのツイート (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

お仲間の事案ゆえ、抑制的に書いてはいるがネットでは大迷惑と云う話になっていますよ。病院側は、商売柄において「邪魔だー」とは仰ってはいないが、社会通念上も法的にも「営業妨害」ととられてもシャーない事案かな?、知らんけど。

マスコミさんが「自由権」を主張なさるのは結構毛だらけだが、病院及び近隣住民にも「社会権」というものがある。清原被告にも「受益権」というものがある。報道の自由は一方的なものじゃないでしょ、公共の福祉はどうしたの。だから「マス塵」と云われるんじゃないの。

まさに「報道一般における断末魔」事案かな。報道に自由があれば、読者・視聴者にも「見ない|聞かない」自由があるモンね。いわゆるメディア様の「末凶」事案でないことをお祈りします。

コチラを参照→メキシコ最大覚せい剤製造国の謎|覚せい剤,(覚醒剤),危険ドラッグ,止められない君に贈ります

2016年03月23日(水)「清原事件をメディアへの挑戦状」もご覧ください。怒ってますねー。「焼肉弁当くえないだ?。バカ、テメ~らにご馳走したんじゃね~~んんだよ、病院の他の患者さんの迷惑になるからさっさとお帰りくださいという意味が分からね~~バカか?。」

さらにコチラも参照→石材から覚醒剤150キロ、別の石材からも覚醒剤25キロ(末端価格120億円)を押収 - アルコール・カフェイン中毒と広告の影響

★衆院道5区にズルシーさんが出現しましたよー、その一

ネットでは、兄ちゃんねる等では例の「京都3区」の方が盛り上がっているようだ。悔しいです(苦笑)。その衆院道5区って何?。ザックリ云って「石狩振興局から札幌市を除外し、さらに同市の厚別区」をくっつけた選挙区なのだ。

石狩川右岸流域および下流域(江別、当別、新篠津、石狩市)、千歳川流域に関わる諸地域(千歳、恵庭。北広島。)と云う事になる。それに、歴史絡みで「厚別区」が登場するのだ。

コチラを参照→開拓初期千歳川流域-概要【札幌開発建設部】治水100年

リンク先の「石狩川右岸流域、概要1と概要2」も参照下さい。

画像


厚別区はコチラを参照→厚別区の現況・歴史/札幌市厚別区

リンク先の年表を見れば解るが、厚別区(白石区からの分区)となったのは平成元年(1989年)なのだ。それ以前は札幌郡「(旧)白石村及び(旧)江別村」の一部だった。そのへんの歴史で「衆院道5区」に厚別区が含まれている理由をお察し下され。(影の声、札幌本府から見れば「郡部」と云う事かな、失礼ネー)

コチラも参照→人口減少に踏ん張る厚別東/札幌市厚別区

★衆院道5区にズルシーさんが出現しましたよー、その二

先ずはコチラを参照→衆院北海道5区補選まで1か月 - NHK 北海道 NEWS WEB

映像をご覧になれば解るが池田真紀氏陣営の応援団って、実に香ばしいですね(爆笑)。(NHK調べ)有権者は「景気等の経済対策、年金や子育て等の社会保障の問題に関心がある」そうです。戦争法案には無関心らしいですよ(失笑)。

コチラも参照→北海道5区補選、市民の力で野党共闘、国政で初対決――共産党公認取り下げで実現 週刊金曜日ニュース

週刊金曜日さんはズルシーがお嫌いと見えて記事中に出てきませんね。いわく「投票率60%、得票数14万票を目標に設定する。自衛隊のある恵庭市と千歳市は最重要地域。」なーーるほど、頑張ってね。

コチラを参照→衆院道5区補選 シールズが池田氏支援 どうしんウェブ/電子版(政治)

道新さんは親近感を持っているらしく「安全保障関連法に反対する若者グループ『SEALDs(シールズ)』は20日、民主、共産など野党5党が推薦する無所属新人の池田真紀氏(43)を支援する考えを表明した。」ウム!。(リンク切れご容赦)

★自らの幻影に怯えてる人々

「神になろーとした男」と云うのはミケランジェロの事らしい(宝塚かー!)。それは兎も角も(なにー!)、京都3区補選にはズルシー様の出番はないらしい。しめしめカッター(ウン?)。

コチラを参照→京都3区補選、野党共闘が大事 何時までもごねる民主党体質 - 密接な関係にある他国から

野党共闘がなければ、「市民団体|安保関連法に反対するママの会」→「安全保障関連法に反対する若者グループ『SEALDs(シールズ)』」と云う図式も成立しない、と云う事ですよね。あの福山哲郎議員が反対してるんじゃ仕方ないじゃないのー!(苦笑い)。

画像


コチラを参照→「★左翼が排除されるべき理由(安保法案に絡めて)」jojuさんのブログ(2015-09-07) - みんなの株式 (みんかぶ)

きょうれつですねー。でも云ってることは正論だね。

コチラも参照→人事異動が5月にずれた朝日新聞「台所事情」 (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

週刊誌が部数を減らしてマイナー・メディアになった、と云うのは読者にとっては幸いな事だろうと。精々ゴンボ掘りに頑張って欲しい(皮肉抜きに)。

メディアが情報のマスプロ(量産)化に走った末に自ら作り出した偶像の幻影に怯えている。それが今の「体たらく(部数減、視聴率減)」の正体だろう。「キヨハラ被告の弁当事案」なぞ最たるものだろうと。

アレは芸スポ部門で、ワレワレ政治部門とは無関係だー、って云うじゃない。消費者から見れば「同じアナのムジナ」ですからー!残念(ギャグが古い?苦笑)。

→偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫) 文庫



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック