わたし今の憲法から卒業します、さよなら旧い憲法

今の憲法は「昭和二十一年十一月三日憲法」と云い、俗称は「昭和憲法」と云う事になっている。およそ七十年前の法規で、いい加減に草臥れ果てていらっしゃるだろうと推察する。敬老精神を発揮し、このあたりで後進に道を開いてさしあげるべきだろう。

★別れのワルツを踊ろう、かな?

先ずは、1940年のアメリカ映画「Waterloo Bridge(邦題:哀愁)」のテーマ音楽である「Farewell Waltz(邦題:別れのワルツ)」をお聴きください。



どこかで聞いたことのある旋律ですねー、「蛍の光」ですかね。因みに"Farewell"は「別れの」という意味らしいですよ。一つ一つにキャンドルを消していく演出が憎いですね。

画像


「舞台は第一次世界大戦下のロンドン。英国将校クローニンとバレエの踊り子マイラの燃えるような恋バナ、別れのワルツを踊る二人に本物の別れがー・・・!。」

女性映画ファンならずとも見る者全てを魅了する傑作になっている、そうです。

★再見我的愛人、九条愛って気持ち悪いわよねー!

「私は右に もしもあなたは左側にいても、後ほど負けます」ってなところかな、知らんけど。

画像


何でこんな話しをするかというと、2月8日に「九条の会が緊急アピール」を打っ放したからだ。

コチラを参照→九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

あれまぁー、時代錯誤ですネー。ちなみに、このアピールをニュース(笑い)として報じたのは「NHK、朝日新聞、毎日新聞、共同通信」だけである。「もしもし、あっ九条の会事務局ですがー」と電凸したんでしょうかね。

ちなみに、電凸とは「一般市民の声を代弁する(と自称する)団体が、報道機関等に自己宣伝する」行為である。

★官憲主義と全体主義、60年アンポは全体主義だ

先ずはコチラを参照→全体主義とポピュリズム 株式会社アスキス

山本七平著の「なぜ日本は変われないのか」を引用した「政治学者R・ゲイルは、全体主義を両極限の二つの相対する概念と考えました。」の件に注目してください。

すこし難しい話しになっているが、往時の安保闘争の時に「ノンポリ(非政治的な)」と云う言葉が生まれた背景を考えれば理解出来る。60年代アンポこそ「全体主義の権化で、いわゆる戦前回帰」の象徴だー、と云うわけだ。

画像


朝日新聞は、読売新聞と違って、悪神の如く屁なま狡い(ウン?)ので、「九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文」を掲載している。ネトでもココをクリックなしに閲覧できる(失笑)。「者ども、拡散しるー」と云う事かな。

いわく「2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。」

ほらーっ、やっっぱり「一億国民総政治化」を求めているでしょう。怖いですねー。

★政治的熱狂(総政治化)は13年から15年毎にやってくる

前記事で「ある目的をもった組織が『擬制の血縁集団』として組織化されている形態」の事に言及したが、言い換えると、「システムとは輪廻転生の一過程」に過ぎないと考える民族性を持っていると云う事だ。

難しく云うと「歴史的意識および歴史的現在という意識なき世界の、疑似歴史的意識に基づく運動(山本七平)」と云う事らしい。

画像


その輪廻転生論に照らすと、2003年におきた「政権交代」と云う政治的うねり(民主党政権誕生の端緒)は、2016年もしくは2018年に「再び怒る(ウン?)」というわけだろう。つまりは「一億国民総政治化(全体主義的熱狂)」がくるー、かな。失笑。

コチラを参照→政権交代という新鮮な現実感が政権交代させる - ryuubufanのジオログ - Yahoo!ブログ

書いている御本人は、「一億国民は政治的存在であるべきで、全ての自由は政治的評価の対象とされる。」とは夢にも思っていないようだ。お気の毒(棒立ち)。

★頼りは女子力だけかな

先ずはコチラを参照→総務省|国民投票制度

あれー、聞きしに勝る難事ですねー。「一億国民総政治化(全体主義的熱狂)」に対抗して、アイドルのライブに熱狂するファンの興奮を排し、粛々と進めるのは難事中の難事だろう。

そんなんで、今さら「女子力」って何?(苦笑)。ザックリ云えば、コンサバティブ(本来の意味での保守)な生き方をよしとする傾向を指してそう云っているのだ。

コチラを参照→女子力の高いステキなおばあちゃん達 - NAVER まとめ

2012年の「まとめ」と云うのがミソである。2012年11月に衆議院解散となり。翌12月に第二次安倍内閣が発足している。一億国民総政治化に終止符が打たれた訳だ(名目上だが)。

さらにコチラを参照→【女性向けライフデザイン誌の発行部数ランキング】/<総合ランキング.net>

コンサバティブ(別名:非政治的存在力を専らとする)な勢力(ウン?)を「赤文字系」と称するらしい。その赤文字系の雄である「VIVI」の部数と順位を見て欲しい。2011年(東日本大震災)には勢いが落ちているが、12年から盛り返し13年には勢いを取り返している。

その後は横ばいだが(苦笑)。

九条の会的な人々が期待する政治的熱狂が2016年から2018年にくると仮定すると、それを「作用反作用の法則(運動の第三法則)」で憲法改正に利用しない手はない。その時のキーパーソンズになるのが「女子力な人々」だろうと思う。

最期にコチラを参照→【産経女子特区】地方政治と女性議員 風穴をあける“女子力”への期待(1-8ページ) - 産経ニュース

産経新聞さん張り切ってますねー、いざ国民投票となったら「何が必要か」と云う事を理解しているようですね。

★蛇の足

そもそも大上段、基本的人権とは何ぞや・・・というと、難く云うと「ホモサピエンスに関わる万古不変の理」の事で、柔らかく云うと「人としてのみさお(操)」の事だろう。紫式部も「「深き山の本意は、操になむ侍るべきを」と仰っているようですよ。

とは云っても人の命(寿命)は万古不変とはいかないですよね、そこで私権等の相続の時に様々な取り決めがあるようですよ。

コチラを参照→戸籍を出生まで遡って取り寄せる方法|松谷司法書士事務所

あれまー!、相続人から三代先まで遡るのですねー。ある種の人にとっては「大変だー」という事になりますよねー(詳細は自粛、微笑)。万古不変の理と云えども「人の世の公正・公平」には敵わない場合もあると云うことかな。

画像


改憲と云うのは如何にも堅苦しいようで(個人の見解です)、改のイメージは「再びと云う色合いが強い」らしいです。いっその事に「革憲(憲法を革める、旧いものを新しいものに変える)」と云う事でどうでしょう。リベラルさんも喜ぶでしょう(^_-)-☆。

マイナンバー制度を使って相続等に利用する可能性(将来)もあるようですが、ただし「革憲」が必要のようですよ。どうです?、革憲に賛成しては、強制はしませんが。

→女子の人間関係 単行本(ソフトカバー)。女子力とは何か?が理解出来る。
女子の人間関係
サンクチュアリ出版
水島広子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女子の人間関係 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→韓国呪術と反日 (SEIRINDO BOOKS) 単行本。いわく「執拗な反日活動を繰り返す韓国人。 彼らの根底にあるのは「恨(ハン)」の情念だった。 慰安婦少女像は怨念の象徴、呪像(totem)である!。対馬に来た韓国呪術集団は200人!。 巫覡(シャーマニズム)と呪術の宝庫である朝鮮半島。韓国人口『5千万人総シャーマン』の実態に迫る!。」日本のシャーマンさんの本質も理解出来ますよ。

韓国呪術と反日 (SEIRINDO BOOKS)
青林堂
2015-01-23
但馬オサム
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国呪術と反日 (SEIRINDO BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック