国の経済全体における国民主権とは

「安倍ガー、年金を融かしたー(一義的にはチャイナリスクの所為かな)、ジミン一強ダメあるよー」と一部週刊誌が吼えてるようだ。そうかと思えば、ミンス党が「軽減税率はバラマキだーハセヨー」と連呼しているそうだ。母国経済が不如意だと工作も激しくなるようですね、知らんけど(笑い)。

★ニュースシブ5時

NHKの「ニュースシブ5時」にて潜在成長率だー!と連呼したそうだ。おーッ、チャレンジャーですね(苦笑)。

おーッ、寺門 亜衣子(てらかど あいこ)だー!(花のドクシーン)。夕方4時50分から6時10分まで放映中らしいですよ。ターゲットは主婦ーとご隠居さんかな。知らんけど。

寺門ちゃん(ウン?)は札幌局にいたので(転勤)覚えている。「ネットワークニュース北海道」でキャスターをしてましたよねー。

それにしても「潜在成長率(potential GDP)」は難しスグルような。7月-9月 GDP改定値 年率+1.0%に上方修正ってな事案に絡めての解説だったそうだ。

曰く、「短期間の変化だけでなく大きな流れを見る必要がある。GDPは定期テストのようなものだ、経済の実力を表すのは『潜在成長率』だ。」

画像


実力という言葉が適当かどうかは分からないが、視聴者が理解したかどうかは兎も角も、間違ったことは喋ってはいないようだ。

★潜在成長率

いわゆる国民経済計算で云う成長率と潜在成長率は「トコチガウあるか?」と云うと、外形的には「ファッションとトレンド」の違いだという理解で結構だと思う。半期毎に一喜一憂するのがファッションで、長期的な変化の傾向を表現するのがトレンドだ。

戦争で例えると(苦笑い)、ファンションが「歩兵操典」で、トレンドは「統帥綱領」かな。いわゆる軍隊等の全体的な方向性(一般方向)を表現したのがトレンドというわけだ。

経済の話しという場合は以下のようになる。

コチラを参照→在成長率(日本)【キーワード】/マーケットレポート - 三井住友アセットマネジメント

「10年、20年というかなり長期間に及ぶ平均的な成長力を規定するもので、その国の経済の実力を意味します。」実力というのは、ダイエット等で問題になる「基礎代謝」みたいなものなのかな(寺門さんのことではないですよー、笑い)。

四半期毎の国民経済計算の数値に一喜一憂してはダメですよー、と「シブ5時」さんは云いたかったのでしょう(善意だー)。

★ならば戦争だー

先ずはコチラをご覧ください(勘違いしてる例)→日銀と財務省が「景気後退」を認めない理由~GDPギャップ「10兆円」、回復基調はウソだった!  ドクターZは知っている 現代ビジネス [講談社]

講談社も時々において発作を起こすようだ、安倍ガー(苦笑)。GDPギャップがドウタラで「三兆円ポッキリー」と揶揄しているようだ。補正予算(栄養剤点滴?)を批判するのに「長期低落傾向だー、安倍でー」と吼えるのは頓珍漢な話しだ。

いわく、「現実のGDPが潜在GDPに近い水準である場合、現存する資本や労働が最大限に活用されている状態である。このため、雇用環境は極めて良くなる。つまり、『景気が良い』と言えるのだ。」

ややこしくも中途半端な物言いだ、早い話が「(経済が)完全雇用の場合、生産量(産出量)は潜在GDPと同じである」と云う事を云いたいのだろう。前提と結論を取り違えているようだ(苦笑)。おそらくは「戦時経済」の事が念頭にあるのでしょう(爆笑)。

★どうやって計算するの

先ずはコチラを参照→労働力人口の減少は潜在成長率への大きな脅威=日銀総裁 - 世界経済のネタ帳

何を言ってるかというと「インフレ期待値を2%に盛っていく(ウン?)事が重要であり、(日本の場合は失業率が3%を切る水準になった場合)追加緩和が必要である。」

コチラを参照→RIETI - 生産性Q&A

あれまー、難しい(苦笑い)。早い話が、≒「雇用の量的側面や機械の増設も重要だが、(従業員の技能や機械の効率向上)生産能力の革新的な進捗」がより重要だ。」

さらに頭が痛くなる解説は下記で・・・。

コチラを参照→付注1-2 GDPギャップの推計方法について

早い話が。TFP上昇率 =(生産の伸び率)から(資本分配率)×(稼動資本ストックの伸び率)を引いて、さらに(労働分配率)×(総労働投入の伸び率)を引いたものですよー。何の濃っチャー(苦笑)。

一般論(NHK風)でいえば「TFPの上昇は、長期的には技術体系と生産の組織との進歩を表し、短期的には、固定設備の操業率や労働者の技能水準の上昇を反映する。」と云う事だそうですよ。いわゆる「プロダクトイノベーション」とはチートばかり異なるようだ(下記で引用する)。

コチラも参照→全要素生産性(TFPTotal Factor Productivity)の向上|経済界

「われわれ民間が、(中略)意識改革(ココ重要)を進めていく事が肝要だ。」ご尤もな御意見である。

画像


さらにコチラも参照→全要素生産性の計測方法と留意点|日本総研

「全要素生産性を技術進歩と同一視することには問題がある。技術進歩を含む一つの指標としては有意義ではあるが、その数値を絶対視することなく参考指標として考えるべきであろう。」

★才能アリ第一位(素人がナマ言うなー)

コチラを参照→アベノミクス、潜在成長率低下という「不都合な真実」 政府前提GDPを大きく下回る ビジネスジャーナル

上の「現代ビジネス 講談社」の論説と読み比べて欲しい、短い中だがキチンとした映像が浮かんでくるだろうと思う。思わず「財政再建派になっちゃいまーす」だろうかな(笑えないですよー)。

マスコミの悪い癖だが、ある事案に対して「赤ならアカばっかり報道」するようだ。幼児の使う「ぺんてるクレヨン」でさえ16色もあるのだ(サクラクレパスでも可)、アンタ等のオフィスには一色しかねーのかい。

コチラも参照→「中国バブル崩壊なら何が起きるか?」 大和総研がリポート」(株式経済新聞)(公開日時2015年8月25日 11時59分) - みんなの株式 (みんかぶ)

国民主権のない中国様が転けたらエラいことだー位は想像が付く。IMFがトリッキーな手を使ってテコ入れしたそうだが、どうなるでしょう金。

画像


国民経済計算と云うのは、全ての国民が「額に汗して学んだ結果」の通信簿(四半期毎)だという側面もある。

我が国に国民主権ありーと云うのなら、経済の面でも主権を発揮して欲しいですよねー。「安倍ガー、政府ガー」という前に、個々人が「刻苦勉励、主権者らしく振る舞っては如何。中国様に手本を見せましょうよ。」(お前モナー、ハイッ!)。

どうせアベノミクスを批判するなら以下のような論理展開でお願いしたいですよね。安倍ガーってかー?

最期にコチラの御意見を参照して下さい→いかにトレンド成長率を高めるか?アベノミクス・成長戦略を問う nippon.com

早い話が、「人口減少社会の下での社会制度改革(含む、社会保障)と『一人当たりの潜在成長率』の追究」と云う事でしょうかシブ5時。この問題は次回でも追究します金。

→日本理化学 おふろdeキットパス 3色 KF-1。三色かよー、と云うなかれ。お風呂が嫌いでなかなか入りたがらないお子さんにピッタリ。一部で大人にも人気があるそうです(苦笑い)。
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本理化学 おふろdeキットパス 3色 KF-1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→デンソーにおける人づくり、価値づくり、物づくり―21世紀の新たな日本流ものづくり 単行本。難しい経済書より参考になるかも。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック