お台場のテレビ局、アタシって嫌われてるの?

御厨貴さんによると、安倍総理の「(政治的)プリンシパルとイデオロギー」は少数派に属している、少なくとも御本人はそう自覚しているらしい。なーる程ネー、確かに。分かりやすく云うと「自らを相対化して見つめることが出来る(早い話が、大人と云う事かな)」と云う事でしょうかね(ほめすぎー、苦笑い)。

★数字が悪いー

先ずはコチラをご覧ください→フジ震撼 ゴールデン帯の週間視聴率でテレ東に抜かれる - エキサイトニュース

あれまぁー、ゲンダイに云われるとは終了って事かな?、知らんけど(ゲンダイをパカにするなー)。週間視聴率とは言え、素人目には、0.4ポイントの差がドンダケーだろうとは思うが。

民放で5位、早い話が「最下位だー」と云う事らしい。

画像


コチラも参照→フジテレビ亀山千広社長:低迷のきっかけは「3.11」 「あの日くらいから傲慢に見えてしまったのではないか」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

東日本大震災の下りは兎も角も、「負けているときにやれることは構造改革と意識改革だけ。」と云う発想はお偉いさんの言うことじゃないような?。自民党をぶっ壊す、じゃなかった「フジテレビを打っ壊すーううううー。」

★危機意識

テレビの話しだけじゃ不公平?なので新聞の話しをば一発。

コチラを参照→■朝日は47万部減、読売は13万部減、長期低落傾向に歯止めはかからず、8月のABC部数 MEDIA KOKUSYO

あっレマー、テーヘンダー。富士山系グループ?さんて新聞でも最下位なのねー(ジョークですー)。やはりというか、朝日新聞の減り方がダントツだ(約7%減)、他紙は約1%台で横並びであるようだ。産経は約1.2%減である、強固な固定客がおられるようだ。

画像


さらにコチラを参照→総務省|平成24年版 情報通信白書

やはりというか、報道系(含む、天気予報)は新聞・テレビ等が強いようだ。中でもローカルニュースにおける新聞の役割は大きいようだ。有り体に言えば、地方紙は強いよー(沖縄の現状を見れば理解出来る)。

対して、情報系のバラエティー番組(コンテンツ)はネットが強い、「現場に持って行ける、口コミの影響力、繰り返し視聴」等々でネットの勝ちー・・・と云うトコロだろうか。

情報系のバラエティー番組に力を入れようってテレビ(局)はドンダケー?。

★幼児

先ずはコチラを参照ください→NHK放送文化研究所、幼児とメディアPDF

フジテレビって幼児向けコンテンツに(も)弱いのネー(苦笑)。にしても、テレビの強みは失われていないようだ。それでも、親の影響だろうか、ネットでの視聴率?がテレビ等を押しているようだ。

恐ろしいですね、この子達が大人になったら・・・(以下自粛)。ネットでも幼児向けコンテンツ(アプリ)に力を入れだしたようだ。「少子化等々は関係ない」と云う開発者もいるようですよー。

画像


コチラも参照→幼児向けコンテンツに熱中する「女児大生」たち セボンスター、プリパラ… [T-SITE]

時代の鍵は「幼児(Prohibited matterだー、苦笑)」かなー、知らんけど(笑)。ソコに目を付けたテレ東って勉強してるー!。「自らを相対化して見つめることが出来る」大人(製造元の事ですよー)だけが勝ち残れるのかも(身につまされる)。

「構造改革と意識改革」って発想そのものが未だ未だ危機意識が足りていない証左(政治で云えば、ミンス党))、子いわく「創造とは己を知ることなり」ってカー(上から目線、ゴメンネ)。問題の本質は他にアルンじゃないのー!。

★組合ガー

ヒョッとして労働ク・ミ・ア・イじゃないのー、と当たりをつけたがピンポーンだったようだ。鈍すれば貧する(ウン?)じゃないが、会社が傾く影に「労働ク・ミ・ア・イ」ありーかな(サラリーマン身につまされる)。

コチラをご覧ください→フジテレビのこと(前編) - 矢嶋武弘の部屋

多少の誇張もアルンだろうが、成る程ナーって思わせる社史ではある。

コチラも参照→不振フジHD株主総会で起きた“疑惑の拍手”? 役員75歳以上退任案否決も、拭えぬ違和感

「日枝さん、あなたがフジテレビ労組の書記長として頑張った初心は、どこに行っちゃったんですか。記者職から営業職に飛ばされたり、いろいろ苦労されたと聞いています。その書記長出身のあなたが、労使協調経営は嫌だとは、どういうことですか。」

私見だが、韓国のソレを思わせる展開であろう(苦笑)。「民主化ー、行き過ぎー、逆行、貧する」ってなところだろうか?、知らんけど。

さぞや社内はドロドロなんだろうね、その辺の事情を連ドラ仕立てにしたらウケルかも、下手のドラマより。

★まとめー(らしきもの)

面白いのでご紹介します。

コチラを参照→フジテレビ急落はリモコンボタン8の場所が原因だ【ホリエモン的常識】|ホリエモン的常識|ダイヤモンド・オンライン

敢えてコメントはしません(苦笑)。賛同するか否かは貴方の判断かな。

画像


コチラも参照下さい→「とんねるずのみなさんのおかげでした」のフジテレビ改革論が話題に 専門家は構造問題を指摘 - NAVER まとめ

キムタコヨイショは愛嬌だろうが・・・協力業者さんにも危機感があるんですねー(ある意味当然だが)。やっぱり「クミアイ」ですかー、知らんけど。

最期にコチラをご覧ください→【安倍政権考】安倍首相が仕掛ける労組分断作戦 信条重なる旧同盟系にじわり触手 祖父・岸信介と重なる巧妙戦術(1-3ページ) - 産経ニュース

富士山系グループの産経新聞が云うトコロに面白さと切実さがあるようだ。「ミンスガー」という主旨だが、労働行政全般を考えて「ク・ミ・ア・イ」を何とかしないと日本は浮上しないというところでしょうか。

バカ評論家(サヨーク様系)が「シャチョーさんを取り替えればか企業は生き返る」ってな事を云ってるようだ、能天気だね。それより菅 義偉(すが よしひで)さんのような「良き Assistant Principal(米語)」がいないと云う事が問題のようで。

→テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書) 新書。勝てば関東軍?じゃないが、乗っかる出版社も逞しい。確かに、テレ東の番組は面白いかな。
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


→たくらむ技術 (新潮新書) 新書。コッチはテレ朝、企むと云うより「如何に面の皮を熱く?するか」が勝負だという話し。営業さんは必見かな。

たくらむ技術 (新潮新書)
新潮社
加地 倫三
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by たくらむ技術 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

humuhumu
2015年12月08日 19:17
こんばんは。
こちらとはもちろん一線を画しておられるのでしょうが、「二十三時の色暦」のほうが閲覧不能になっております。
まあ、サイトではありがちなことではありますが
この度はFC2側の理由が穏やかではありません。

>•規約上の違反があった。
>•多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った。

もうあちらは「閉鎖」と捉えてよろしいでしょうか?


ファン
2015年12月08日 22:10
ももいろマップが見れなくなってる~残念。
humuhumu
2015年12月09日 19:38
なんかFC2のアダルト系サイトが軒並みおかしいようですね。

この記事へのトラックバック