二十三時な時事暦・あおいろマップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 意匠計画、全体構想(グランドデザイン)

<<   作成日時 : 2018/06/20 10:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

意匠って、ザックリ云えば「趣向」の事だそうですよー!。大規模イベント等ではその民族の性質が表れるそうですよー、例えばサッカー大会(ウン?)。別角度から見ると「目論見(もくろみ)」という事かな。

★母国の惨状(現状)を報告されてもなぁー

出版科学研究所によると「週刊誌は、インターネットやスマホの普及で情報を得るスピードが格段に速くなり、速報性を重視した週刊誌は厳しい。総合週刊誌ではスキャンダルで大きな反響があり、好調な雑誌もあったが発行部数は漸減傾向にある。」そうだ。

コチラを参照→■日本の出版統計|全国出版協会・出版科学研究所

ソレでも2016年時点で「1000億円」を超えている、ホンマカイナー。

画像


ってな事で下記の(駄)記事をご覧ください)

コチラをご覧ください→■危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに

長文どころか中文(ウン?)も読めない私の言語能力は如何ほどなんでしょうか?(爆笑しちゃいやよー)。

その昔は電車(汽車、ディーゼルカー)内で週刊誌を読んでいる方が多かった、今時は皆無というか、恥ずかしい行為と云う事だろうか(御免なさいネー)。

一方的に批判する前に「オノレの脳力」を顧みた方が宜しかろうと、余計なお世話だけど。早い話が「主役が交代したー、俺の生きる道が無くなった(断末魔の悲鳴)。」

コチラを参照→■マスゴミまとめ【財務省次官セクハラのテレ朝の女性記者対応】偏向報道-大衆情報操作-洗脳-刷り込み】 - NAVER まとめ

文字通りに「爆笑しちゃいやよー。」

曰わく
朝日「一部報道では大連立の可能性とありますが、谷垣総裁はどうお考えでしょう?」
谷垣総裁「大連立?一部報道って、どこのふざけた報道ですかそれは?私、知りません」
朝日「週刊誌に載ってたんです‥週刊朝日の報道です」
谷垣総裁「‥あぁ、御社が出しておられる週刊誌‥」(苦笑)

★反日というビッグイベント

グランドデザイン=設計図+工程表+見積書ってな事になるのだろうか、素人がナマ云うなー!。それぞれには「理論」ってなモノがあって、エラいセンセが御研究なさっているようですよー。

コチラを参照→■BOOK『劣化左翼と共産党』を読んで。

「日本を破壊したい」が為に、日本で生きてゆく。って「理解しがたい」というか「形容矛盾(撞着語法)」だろうとは思う。そもそも大上段「社会主義国家」と云うのは、そう言うものなんだろうネー。

曰わく「マルキスト達は本人にはその自覚が無くても、深層心理では不況になることを願っている。彼らの言動を傍から眺めていると、無意識の内に景気が悪くなることを望んでいるかのように見えることがままあるが、それもそのはずで、景気が良くなれば、自然と人々の嫉妬心も鎮まっていくことになり、彼らにとって都合が悪くなるためだ。」

ウムッ!。

コチラも参照→■アベを倒すために日本経済をボロボロにしてやろうぜ! - Togetterまとめ

典型的な「爆笑しちゃいやよー」だろうか?。衝動抑えがたく「発作」が出てしまったのねー。

その後に発作が治まり(収まりかな?)「あまりに騒がしいので、しばらく休業します。 」ってな事になったらしい。

コチラをご覧ください→■内閣支持率で見る報道各社の偏向度チェック ? アゴラ

ナールホドねー。マスコミ様には「目論見があっても、グランドデザイン」がないのねー!。

「大阪府北部の地震」に関し、既存メディア様は女児が犠牲(痛恨の極みだが)になった責任を「ブロック塀がー!」と連呼する事で「核心逸らし」をしているように見える。対する(朝日新聞が云う)ネットは異なった見解を持っているようだ。

コチラを参照→■ハッシュタグ #辻元清美をセメントいて

フェイクだー!!!とか云われそうですねー(苦笑)。因みに「キヨミ・ツジモト」様の選挙区は「大阪府10区」だそうですよー、土地勘が無いので分かんなーい・・・(ぶりっ子するなー)。

枝野幸男様のツイートによると「最も震度の大きかった高槻市は辻元さんの地元。地元にいた辻元さんと短時間ですが電話で話せました。」だそうです。



1960年代の流行歌。いわゆる「ジンケン派団体様」に利用(悪用?)された歴史を持つ・・・名曲だそうです。歌そのものには罪は無いですよねー。

最後にコチラを参照下さい→■【新聞に喝!】本当に「右傾化」か、いまだ左右対立をいう朝日 ノンフィクション作家・門田隆将(1-3ページ) - 産経ニュース

曰く「『空想家、夢想家(dreamer)』と、現実を見据えようとする『現実主義者(realist)』との対立、つまり“DR戦争”とも言うべき時代が来たのではないだろうか。

「日本の新聞(既存メディア)は、いつまで時代の変化に取り残された“ドリーマー”であり続けるのだろうか。」

凡そ三年前の評論だが「仰るとおり」だろうと思う。

→足立無双の逆襲~永田町アホばか列伝II 単行本(ソフトカバー)。何と云うか「連帯ユ●オン関西地区●コン支●部((^0^))」とか云うらしいですよー。

足立無双の逆襲~永田町アホばか列伝II
悟空出版
2018-06-11
足立 康史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 足立無双の逆襲~永田町アホばか列伝II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

二十三時の色暦・ももいろマップ
sorry! adult only

ベストWebサイトへの道
懐かしいアイドル


意匠計画、全体構想(グランドデザイン) 二十三時な時事暦・あおいろマップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる