二十三時な時事暦・あおいろマップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神さまは何処からいらっしゃたのか、祖霊崇拝

<<   作成日時 : 2017/06/07 09:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

朝鮮半島では「ご遺体が完全に自然酸化し、土に還るまでの期間を百二十年」と考えるそうだ。一世代を三十年と考え、四世代に渡って供養し続けなさいと云う習俗があるらしい。これを「四代奉祀(ほうし)」と云うらしいですよー。「いわゆる慰安婦像ってのは、その四代奉祀(表象)を具象化」したものらしいですよー。アレまぁー、百二十年だー!。

★朝鮮に唯一存在するの神社らしいですよー(ええっー!)

「日の本に生まれ出にし益人は 神より出て神に入るなり」と云う事を踏まえて以下をお読み下さい。

先ずはコチラをご覧ください→韓国人「韓国に唯一現存する日本の神社」 - 小鹿島更生園神社存廃論争 カイカイ反応通信

あまりにも面白い(不謹慎ネー)ので引用させて頂く。基本的に「神社ってなにー」ってな知識が不足している、影の声「統治時代の日本人の教え方が悪いー!。」

画像


大胆な物言いをお許し願えれば、「神社とは即ち大事なモノ(Mono)を仕舞う蔵」である。扉の無い「蔵」ってありますかー、チョンさん。

コチラも参照→本願寺と小鹿島

ウムッ!、黙読ですね。にしても「小鹿神社を焼き打ちして万歳を叫んだ」のですね。だとすると「現存する神社(らしきもの)って何?。」日本側だけから見ては不公平なので韓国様から見た「言い分」をご紹介します。

コチラを参照→小鹿島に残された植民地時代の文化遺産

いわく「登録事由、1935年小鹿島更生園へ設置された。日本の神社建築の形式と配置を取っている。この神社は木造建築様式を鉄筋コンクリートとレンガ造りで模倣して建築した。当時、日帝強占期に患者たちに神社参拝を強制させた。韓民族の痛みを感じることができる所だ。」

皆様は「どう判断されますか?。」

さらにコチラも参照→韓国古建築散歩 小鹿島・旧小鹿島更生園

ナールホドねー、基本的に朝知恵(ウン?)に基づく「事実誤認識」ですネーと云うトコロだろうか。韓国の文化庁様のお写真を拝見して「得心しました。」へんてこりんな神社擬きを拵えたのは「自粛(苦笑)」なんですね。

本願寺さんの資料を信じるか、韓国文化庁様の資料を信じるか、「貴方ならドッチ。」

★神社の起源

コチラを参照→古代神社のひな形は新羅からきたもの? - 歴史 解決済み 【OKWAVE】

辛辣ですネー、いわく「想像は日本では歴史的事実だと認められません。」

コチラも参照→照葉樹林文化

「朝鮮半島の南端をかすめ」たんですねー。稲作の伝播にいたっては「朝鮮半島は無関係」なんですね。

画像


コチラを参照→神社・神社信仰の起源

朝鮮起源説は「百済(くだら)ぬ俗説以下」ですネー。辛辣ー!。

画像の竹子(中国語、bambooと云う意味)の分布図も興味深い。日本の竹は殆どが「帰化植物」で中国原産だそうだ。

縄文時代の遺跡から竹を素材とした製品が出土しているそうで、縄文時代の早い時期に中国から伝播したものらしい。また、平安時代前期に書かれた「竹取物語」は日本最古の物語作品だ。

「竹林はるか遠く−日本人少女ヨーコの戦争体験記」は、終戦時に朝鮮半島北部から半島を縦断し日本に帰国する決死行を描いた体験記だ。

「竹林はるか遠く」と云うのは、朝鮮半島には無い竹林という意味だというのはお解りいただけただろうと。もっとも「韓国にも竹林があるニダ」と主張しているようだ。

いわく「全羅南道の潭陽(タミャン)にある竹緑苑は、韓国で唯一竹林浴を楽しめる大規模な竹林」だそうだ。2003年に開園したそうですよー(何ソレ、笑)。

最期にコチラを参照→続続々・韓国の反日思想の深層を、オカルト方向から考察する POO-MONOLOGUE

コレを読んで何故か井上陽水さんの「小年時代」を思い出した。「どうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。」



→生と死の考古学―縄文時代の死生観 単行本。素人考えだが、上の「照葉樹林史観」とは違う方向で書かれている。ソコが非常に興味深い。受け売りだが「脱・戦後史観(ウン?)」と云う立ち位置か?(微笑)。

コチラを参照→[PDF]縄文人の生と死 - 岩手県文化振興事業団 埋蔵文化財センター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生と死の考古学―縄文時代の死生観 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

二十三時の色暦・ももいろマップ
sorry! adult only

ベストWebサイトへの道
懐かしいアイドル


神さまは何処からいらっしゃたのか、祖霊崇拝 二十三時な時事暦・あおいろマップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる