二十三時な時事暦・あおいろマップ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポスコレとリビング・エビデンス

<<   作成日時 : 2017/01/18 09:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

さもさもな受け売り度120%なタイトルで恐縮、たんなる格好付けなので悪しからず。因みに「ポスコレ」ってポスト・コロニアル(植民地)の略である、っていうと何となく解ったような・・・。早い話が、またぞろ勢いを盛り返した(微笑)内政・外交の韓流的お話である。

★ポスコレ論と大家さんネタで一席

先ずはコチラを参照→池田信夫 blog ポストコロニアリズム

言い切ってますねー、ダイジョブダー。要するに「幼稚な店子保護論、保育園の論理」を批判しているのだろう。一般大衆は「厳しい競争」に耐えられない→よって(社会で)保護すべきだーwww。

そのような保護政策が永続的なものになり「非効率の温存」という仕儀になり、やがて(マルクス的)社会が破綻の道を歩む。

コチラを参照→親日財産没収は違法(遡及立法や連座制)ではないのか?|シンシアリーのブログ

連座制ネー、爆笑。結局は、「有史以来において朝鮮半島が真の独立をはたしたことが無かった。国家は存在しなかった(言い過ぎかなー)」と云う事で、今の韓国の「身分を保障する大家さん」って誰なんでしょうか。

難しく云うと「韓国人のリビング・エビデンス」は何処にありや、かな。

★在日コリアンの科学的根拠(エビデンス)

在日コリアンと云うのは「日本におられる朝鮮半島に所縁がある方々」の日本語表記(ココ重要)である。

いわゆる戦後を巡る朝鮮半島の歴史年表(1945年〜)のお復習い。

1945年8月:旧ソ連が朝鮮半島に進行。アメリカと朝鮮半島分割合意。
1945年8月:日本がポツダム宣言を受諾。
1945年9月:朝鮮半島に米軍が進駐。軍政庁を設置。
1948年8月:大韓民国樹立。李承晩が初代大統領になる。
1948年9月:朝鮮人民共和国樹立。金日成が首相になる。
1950年6月:朝鮮戦争勃発
1951年1月:サンフランシスコ講和条約調印(日米安保調印)。
1952年1月:李承晩ライン宣言
1952年4月:日本の主権回復
1953年7月:朝鮮戦争休戦協定

上記を踏まえてコチラを参照→[PDF]李承晩政権の在日コリアン国民登録政策 - R-Cube - 立命館大学

エゲツナイ話しですね。戦争遂行のために「一人でも多くの名目上の国民を増やしたーい」と云う事ですね。いわゆる「日韓会談」は1951年10月に予備交渉が始まってるのですね。

いわく「韓国政府にとって在日コリアンを『国民』とする基準はきわめて曖昧なものであった。共産分子であるかどうかという点は重く見るものの、結局はどこまで信用すればいいのかわからなかったのである。韓国政府は日本で大韓民国の国民登録はさせるものの、おいそれと帰国させようとしないという矛盾にみちた行動をとることになった。」

なるほどネー。

なーんてな事を踏まえながらコチラを参照→釜山・慰安婦像設置 民団トップが撤去求める 「私たち在日同胞の切実な思い」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

早い話が「在日同胞(微笑)さんでさえ、(半島の)同胞を信用していない」と云う事なんですねー。ややこしいですねー(苦笑)。

別角度からみるとこうなります→統一日報 目を覚ませ 在日韓国人たち(2) 迷いが混乱を生み、活力失う

統一日報さんですネー、いわゆる「李承晩派」なんでしょうね(個人の異見です)。関連記事の「 目を覚ませ 在日韓国人たち(1) 朝総連と戦おうとしない民団 」も参照下さい。

個人の異見ですが、韓国に従北政権が出来たら大変なことになりそうですよ(笑うとこじゃない、かな)。

★国民情緒法(ウン?)

聞いたことがあるようなナイようなフレーズですねー。

コチラを参照→韓国に存在すると言われる「国民情緒法」ってどんなもの? シェアしたくなる法律相談所

なるほどネー。司法がそうなら政治も当然ながら「大衆迎合になる」には理の当然かな。

画像


コチラも参照→「反日」と「情緒」が支配する哀しき非民主国家

2014年の記事だが、今日の韓国を予言してますねー。

画像


さらにコチラも参照→十代目源右衛門雑記帳 国民情緒法という病魔…韓国民主化30年の決算

札幌在住のジャーナリストさんですね。

いわく「韓国にもポピュリズム政治を苦々しい思いで見ている人たちは少なくない。だが、一向に彼らの声は多数派を形成するところまで到達しない。マスメディアのポピュリズム傾斜自体がひどいからだ。」

ウム、正鵠を射てますね。

結局は薬局で『少女像』なるものは「(半分な)韓半島の韓国人」のリビング・エビデンスだと思い込んでいるのだ。科学的根拠なき「(私小説風な)証言重視主義」で、日本人からみると理解不能な「宗教的飛躍」に満ち満ちている。と云う訳だ。

そもそも大上段「独立の気概なくば、何時までたっても『コロニアル』のまんまだね。」韓国に物申すより大家さんに直談判した方が「早くねぇー。」その大家さんは何処に?(大笑)。

→不道徳教育講座 (角川文庫) 文庫。読み手の「素養の深度」を試される随筆。と云うより「時代を経ても陳腐化しない人生相談の回答集」みたいなものだろうかな。昭和30年代の「週刊明星」に連載されたものらしいですよ(わぉー!)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

二十三時の色暦・ももいろマップ
sorry! adult only

ベストWebサイトへの道
懐かしいアイドル


ポスコレとリビング・エビデンス 二十三時な時事暦・あおいろマップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる